開催趣意

人は生き物の宿命として、皆平等に死を迎えなければなりません。
病を得た結果としての死、老衰による自然な死、不慮の事故による突然の死、自ら命を絶った結果としての死など、死の様相は様々です。死にゆく人にとっても死に関わる人にとってもその悲しみは深く大きなものであるがゆえに、生きることに一生懸命だった時代の日本にとって死は忌み嫌われるものとして、日常の世界から見えづらくなってしまった問題でもあります。
日本死の臨床研究会は、『死の臨床において患者や家族に対する真の援助の道を全人的立場より研究していくこと』を目的に1977年創設され、職種や地域を超えて生と死の問題について先駆的にその援助の道を探求してきました。日本は世界に冠たる長寿国ですが、その一方で高齢・多死が大きな社会問題となり、今まさに“死という問題”にどのように取り組んでゆけばよいのかという事が、年齢にかかわらずすべての人にとっての生きる上での課題となっています。
死にゆく人は、死を体験することはできますが、死後その体験を残された人へ語ることはできません。看取る人は、死を体験することはできません。死にゆく人の死の様相から死を想像することしかできません。生と死は表裏一体の問題で、人は死にゆく人から“死”を学ぶことが重要であり、その学びから自らの“生”を考え、意味のある人生に繫げてゆく事が大切であると思っています。死の学びから得た生は“命を繋いでゆくバトン”であり、繋がってゆく命は人と人の絆を深め、絆は住み慣れた自らの地域への広がりの中で文化として醸成してゆくものではないかと考えています。
年次大会開催の地である『松山』は四国遍路の地であり、日本最古の温泉“道後温泉”と近代俳句の生みの親“正岡子規”生誕の街でもあります。正岡子規は当時“死にいたる病”と恐れられていた結核に罹り、晩年は寝たきりの生活を送り痛みの緩和のためモルヒネを使っていた記述も残されています。病床の様子は“病床六尺”や“仰臥漫録”に詳しく書き残されていますが、子規の時代の在宅ホスピスケアの記録でもあったのではないかと思っています。
このような文化を育んできた松山の地で、“死”に学びそしてどのようにして“生きることの意味”を見出してゆくのかを皆様と一緒に語らい考えてゆきたいと思っています。疲れた身体は道後の温泉で癒していただき、明日への活力にしていただければと願っております。
多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。